こんな美味いものを食べてなかったなんて

投稿日:

何年前かなあ、家族で北海道行ったんです。
それなりに観光地を回りましたが、私のお目当ては観光云々より、”食”でした。
ここで普通なら海鮮とかジンギスカン、なんでしょうけどね。私は違いました。
お目当ては、”お菓子”だったんですよねえ。

あ、札幌ラーメンは食べましたよ。
北海道って、有名なお菓子が沢山あるじゃないですか?
それを北海道で食べれば、もっと美味しいだろうと、そう考えていたんです。
いやまあ、美味しかったですよ?中には北海道まで来ないと食べられないお菓子もありますし。
でも大半は、お土産で買って帰っても味が変わらないわけで、必ずしもそこで食べる必要はありませんでした。
実は当時私は海鮮物が苦手で、家族が海鮮丼やうに丼を食べてる横で、なんというか、当たり障りのないメニューを食べてたんです。

海鮮丼で唯一好んで食べてたのが鉄火丼。ちなみに寿司も鉄火巻が大好き(笑)。
社会人になって、先輩や同期の人とおしゃべりでそのことを話したら先輩が、「ぬわにー!うに丼食べろ!奢っちゃる!」と発奮。
私は正直「ええー、大きなお世話…」と思ってました。
今はもうそんなこと思いませんが、うにの外見がちょっと、だったんです(今は違いますよ)。
それでも気のいい先輩だし、何より奢ってくれるので、比較的リーズナブルなお値段のお店に、休日のランチをご馳走になりました。
結果は、予想出来ると思いますが、素晴らしく美味しかった!

そのとき頭に浮かんだ思考が「(こんな美味いものを食べてなかったなんて)騙された」です。
もちろん誰も騙してません。
北海道から遠く離れた地でこんなに美味いなら、北海道の旬のうにはどれだけ美味いのだ!?そう考えるのは当然の帰結です。
その年は金策つかずに断念しましたが、翌年の7月に少し無理を言って有給を取り、北海道のうに食紀行に行ってきました(8月の夏休みは別用があって行けなかった)。
多少旅行補正があるとは思いますが、それを差し引いても、素晴らしい×2くらい美味しかったですよ。
職場には少し迷惑をかけてしまったので、有名どころのお菓子から、少しマイナーなお菓子までのお土産を多量に持っていきました。
家族との北海道旅行の経験も生きたわけです(笑)。”